学科長メッセージ

徳島大学工学部知能情報工学科の前身となる情報工学科は昭和48年に創設されており、以来40年以上が経過しております。情報工学を教育研究する学科としては、日本の中でも比較的古い歴史を持っており、多くの優秀な卒業生を社会に送り出しています。

電子計算機の誕生が1940年代半ばであり、情報工学という学問の歴史は他の学問に比べると浅いのですが、今や情報工学はあらゆる学問分野を総合的に包括した非常に裾野の広い分野となっています。情報工学(あるいは知能情報工学)は単にコンピュータそのものに関してばかりではなく、コンピュータを利用したさまざまな処理に関する分野までも含んだ包括的な学問です。これには、たとえば、各種の統計処理やデータ解析、あるいは、いろいろなアプリケーションや情報システムなどが含まれます。現代社会においては、あらゆる分野で情報処理の技術が活用されています。たとえば、機械工学分野では知能ロボット関連のハードやソフトやコンピュータ・ビジョンなど、電気電子工学分野では論理回路や組み込みシステムなど、生物学関連ではゲノム情報処理やバイオインフォマティクスなど、また単に工学系の分野のみならず、文系の分野、たとえば、経済学では数理ファイナンスなど、心理学関連では認知科学や感性情報処理など、音楽関連ではコンピュータ・ミュージックなど、すべての分野で情報工学は重要な役割を果たしています。

知能情報工学科では、以上のようにあらゆる分野において重要な位置を占めている知能情報工学の基礎知識を習得することができます。また、知能情報工学科の教職員は多岐にわたる領域において先端的な研究を進めています。私たちのホームページから知能情報工学科の雰囲気を感じとっていただけますことを期待しています。

知能情報工学科長 教授 北 研二