ICT活用型防災教育を展開しています

ICT活用型防災教育を展開しています

光原弘幸講師(情報系)の研究グループは,タブレット端末,HMD (Head-Mounted Display)やAR (Augmented Reality)といったICT (Information Communication Technology)による防災教育システムを開発し,学校などの教育現場で防災教育を実践しています.

徳島県では南海トラフ巨大地震による甚大な被害が予想されており,命を守るための防災教育が急務です.しかし,いつ発生するか分からない地震やその他の自然災害に備えて,普段から災害や防災について学ぶことは疎かになりがちです.

光原講師は学習意欲を高めるために「楽しい防災教育」を掲げ,ゲーム要素や視聴覚的効果を取り入れた多彩な防災教育システムを開発しています.