教育

情報光システムコースでは、基礎科学の広範な知識に加え、「プログラミング」「人工頭脳」「ネットワーク」「光通信」「光デバイス」「画像処理」などの情報工学、知能工学,光工学の技術を学び、知的で創造的な情報システム、知能システム、光システムの開発に貢献し、問題発見能力、計画立案能力、課題解決能力を有する人材の育成を目指します。そのため情報通信、医療ロボット、計測機器、ハイテク素材などの複雑で高度な情報システム,知能システム,光システムの設計・開発・運用分野、知的ロボットなどの機械と知能工学,情報工学を融合した産業分野、新機能デバイスなどの化学・物理学と光工学の融合した産業分野など、幅広い分野での活躍を見据えた教育を行っています。

以上のような教育を効率良く行なうために,1年生では理工学の基礎的な教育と,情報工学,知能工学,光工学に共通する教育を受けた後,2年生に進級するときに,情報系か光系かを選択することになります.

情報系においては急速に進展する情報科学および情報産業において十分適応し得るハードウェアならびにソフトウェア技術を身につけ、あわせてシステム全体を大局的に把握し、知的で創造的な手法によってコンピュータを使いこなす技術者の育成を目指しており、計算機ハードウェアおよびソフトウェア、情報通信、情報セキュリティ、人工知能の基礎理論を中心とした情報工学の基礎分野、計算機に知能を与える人工知能の分野やマルチメディア処理における計算機応用技術分野の知能工学についての教育を行っています。また、グループ単位での”ネットワーク対戦型ゲーム”、”自律ロボットの製作”を通じた総合的学習という、大変ユニークで魅力的なカリキュラムがあります。いずれも最終日にコンテストを行います。コンテスト入賞を目標に、グループ間で競い合いながら、興味を持って楽しく実験に取り組んでいます。

光系においては特に光技術に重点を置き、光に関わる課題を創造的に見いだし、その課題を広い視野と使命感を持って解決する能力を育成することを教育目標としています。このため、光科学の基礎的分野から、光機能性材料・デバイス、 通信・画像・情報システムなどの応用分野まで、光に関係した理工学の幅広い知識とスキルを講義や実験を通して修得します。具体的には、光と物質の相互作用メカニズムの解明、光を発したり光のエネルギーを有効利用するための材料やデバイスの創製、3Dディスプレイなどの光情報機器、大容量の高品質動画の送受信に対応した光通信システム、人体のX線CT画像から診断支援を行う画像処理システムの開発など、社会的要請の高い教育を行っています。